MGPの最速審査は簡単な項目を入力するだけでOK!

診断結果からベストな参加企業を選べるキャシング診断サイトです。
信頼の置ける企業を厳選しておりますので、安心してご利用いただけます。

  1. 最速審査マネーグランプリMGP TOP
  2. 即日融資で知っておきたい注意事項
  3. 引き落としに間に合って一安心!振込キャッシング
 

引き落としに間に合って一安心!振込キャッシング

okane_cashing「明日カードの引き落とし日なのに、口座にお金がない……」「光熱費引き落とし日を忘れてた!」なんて経験はありませんか?

そんなとき、その日のうちにお金を振り込んでもらえれば心強いですよね。今回は、振込キャッシングサービスについて紹介します。

◆「どの業者に申し込むか」「申し込みの時間帯」の2点が重要

gyousya_sel即日融資・即日振込の可否については、「どの業者に申し込むか」「申し込みの時間帯」の2点が重要になってきます。

まずは、「即日OK」と広告などでうたっている即日融資の取り扱い業者を選ぶこと。大手の消費者金融であれば、最近はほとんど可能になっています。

次いで、申し込みの時間ですが、消費者金融業界大手のアコム、モビット、プロミス、レイクなどは、だいたい平日14時までの申し込みで即日振り込みが可能です

土日や金融機関の営業時間外はもちろん銀行振り込みができませんから、翌営業日の取り扱いになってしまいます。

プロミスの場合は、三井住友銀行またはジャパンネット銀行に口座がある場合は24時間振り込みが可能です

締め切り時間は14時までといっていても、審査が込み合っている場合などは間に合わなくなる可能性もありますから、できるだけ早めに申し込んだほうがよいでしょう。

◆審査には正直に答えることが大切

各期企業の最速審査は、だいたい30分~1時間程度で結果が判明します。

審査にスムーズに通るかは、本人確認の書類がきちんとそろっていることや、信用情報の状態などが重要になってきます

まず、本人確認書類としては、「免許証」「健康保険証」「住基カード」などがこれにあたります。住民票は本人確認書類として認められませんので注意が必要です。

提出方法は、郵送や消費者金融の窓口で直接提出するのではなく、最近は写真を撮ってメールに添付して送ったり、アプリでアップロードしたりといった方法がとられているので、即日融資を希望している場合にはとくに、利便性が高くなっています。

次いで、信用情報について。クレジットカードやキャッシングなどでお金を借りると、「信用情報機関」という機関のデータベースにその記録が残されます。

決められた期日までに借り入れたお金の返済がなく、ある決められた期間までに返済が滞ったり、返済せずに自己破産したりした場合、「事故情報(異動情報や延滞情報、ネガティブ情報とも呼ばれます)」が記録され、その情報は消費者金融など各社が共有しています。

この事故情報は以下の期間内はデータベースに保存されます。期間中は削除することはできません。

・支払予定日より3ヵ月間支払いが遅延した場合…5年間
・自己破産…7年~10年間
・任意整理…5年間
・特定調停…5年間
・過払い金請求…5年間
・個人再生…5年間

また、信用情報のチェックでは、過去の借り入れ履歴だけでなく、現在の借り入れ状況についてもチェックされます。現在複数の業者から借り入れている場合は不利になることもあります。

ただし、条件が不利になるからといって、虚偽の情報で申し込みをするのは絶対にやめましょう

◆ごく短期の借り入れなら、「無利息サービス」を活用しない手はない!

カードの引き落とし日に間に合わせるなどの目的で、ごく短期間だけお金を借りたい場合は、無利息期間がある業者を選んだほうがおトクです。

即日振り込み可能な業者のなかで、無利息期間がある業者を紹介します。

●レイク
新生銀行カードローン レイクには、初めて借り入れをする人限定で、「5万円まで180日間無利息」か「30日間無利息」の2種類の無利息サービスがあります。

1ヵ月以内に返済できるのであれば、利息がゼロになります。短期間の借り入れであればこれを利用したほうが断然おトクです。

●プロミス
プロミスも、めて借り入れをする人に対して、30日間無利息のサービスを実施しています。利用するにあたっては、メールアドレスとWEB明細の登録が必須です。さらに、ポイントサービスにも申し込む必要があります。

一方で、入会料や手数料などがかかるわけではありません。

◆まとめ

cashing_card以上、即日融資・即日振込サービスが可能な業者と、審査をスムーズにするための注意点などについて説明しました。

キャッシング用のカードは、一度作っておけばいつでも利用できるので、急にお金が必要になったときのために作成しておくと、後々役に立つかもしれません